箱人間の日記

自己満備忘録

『歌が上手い人』の定義

 

※終始持論です。不快な気持ちにさせてしまったら申し訳ありません。

 

私はハロプロが好きで、ハロプロのどこが好きかと言われればパフォーマンスが素晴らしいところだと思います。最近そのパフォーマンスすら微妙なところですが…。

激しいダンスを踊りながら歌で魅了していく。

私はダンスを見るのが好きなのであまり歌については細かいほど重視しているわけではないのですが今現時点でハロプロ内で一番歌が上手いのは誰か?となると答えられなくなっちゃいますね…。

恐らくだいたいの人は℃-ute鈴木愛理モーニング娘。'16の小田さくら、Juice=Juice高木紗友希辺りが上手いってなると思うんですけど。めいめいがまだいればなあ…。

紗友希、小田の2人はまだまだ成長できると信じて。

愛理の歌についてちょっと思うところがありました。

愛理はライブでも安定の歌唱力ですし映像やライブを見ても音を外したような場面を見た記憶がありません。

喉からCD音源とも言える歌唱力と安定さを持った愛理。歌割りもめっちゃ多い。圧倒的エースでありセンター。

愛理は確かに歌は上手いと思うんです…思うんです…

だけど上手いだけなんだと℃-ute解散発表を機にいろいろなMVだったり映像だったりを見返しているうちにそういう結論に辿り着いてしまいました。

上手いだけ。「だけ」って言い方が嫌味っぽいですけど。

 

ここで唐突にアイドルマスターのお話をさせてもらいます。

アイマスにも如月千早ちゃんという歌が上手い設定の女の子がいます。

歌が上手い設定なので中の人(今井麻美さん)も当然歌が上手い…と思うんですが私は残念ながら中の人の歌が上手いと思ったことは一度もありません(ファンの人すみません)。

私は765プロの14人しか知らないのでその中で言いますが、あの中で一番歌が上手いのは三浦あずささんとその中の人(たかはし智秋さん)だと思っています。

歌が上手な設定なので当然千早さんや中の人の今井さんも歌が上手!歌姫!って具合にファンの方にちやほやされています。いや確かに下手ではないけど…そんなべた褒めするほどではないだろ…という気持ちを今までかくして生きていました(大げさ)。なんか歌声がのっぺりしている感じと言うか(胸のことではなく)。単調に感じてしまいます。

ですが千早のキャラソンって良曲ばっかりでたまに聞きたくなるんです(というかアイマスのキャラソンは神曲ばっかです。たまに意味わかんないのもありますが)。約束とか蒼い鳥とか。メロディが好きってのもありますがそれよりも"あの歌声をまた聞きたい"っていう気持ちが強かったんです。

約束はアニメ20話でも出てきました。千早が過去の悲劇を週刊誌にすっぱ抜かれたショックで歌う際に当時のトラウマが蘇ってしまい歌えなくなってしまう話。

けどそれを克服してやっとファンの前になって約束を披露しようとするが歌えない。

そこに春香や真たちが駆けつけ千早のフォローをすべく歌います。

そこでようやく過去の自分を乗り越えられたときに出てきた「歩こう~~~~」という歌声。

そこからは幸せそうに歌っている千早。まあ演技なんですけど。ですけどあそこまで「歌えたことに喜びを表しながら歌う」って割と難しいのではないかなと思います。

そこで私はこういう結論に辿り着きました。

千早(今井さん)が歌が上手いのは「表現力」があるからなんだ、と。

感情を込めて歌っているから耳に残るしまた聞きたいと思う。

そう感じました。

 

ゆいかおりも同じかなと思います。

安定さは唯ちゃんが持っていますが唯ちゃんはあの声のせいであまり感情がないというかやっぱり単調に聞こえてしまいます+声量がない。夏織ちゃんの方はあまり歌に安定感がなく微妙に音を外したりもしますが(唯ちゃんよりは)上手いと言われています。私も歌は夏織ちゃんの方が好きです。

ウェィカッなんかは結構ふざけた感じに歌っていたりカナリアはしっとり…と言った感じで要所要所で感情を込めて歌っているのがわかりやすいのが夏織ちゃんです。

唯ちゃんもソロ曲とかで「こんな感じで歌ったんです!」とは言っているもののRaise以外あまり違いが判りません。失礼ですが。

もう4年前になりますがゆいかおりがいたときのStylipSに「Choose me♡ダーリン」という曲があります。実質ゆいかおり卒業前の最後のシングル。それのfeatゆいかおりバージョンがあってゆいかおりの二人でChoose me♡ダーリンを歌ったバージョンがあるのですがそこの落ちサビ、夏織ちゃんパートの「ギュッと奪って欲しい」は結構好きな歌い方です。必死さというか懇願している感じが伝わるというか。

そういうのが伝わるから上手いとか言われている理由の一つに入るのかなーなんて思ったり。

 

…で、話は戻りまして。

愛理はと言うとそういった感情を込めて歌っているような印象はありません。

歌の上手さ、安定さを披露しているだけ。

悪く言えば心に響かないし、耳にも残らない。

歌を披露するにあたって上手さは最重要だとは思います。

けど、気持ちがなくただ音程が取れて安定感がある歌い方が果たして上手いと言えるのか。

多少下手でも、技術面が微妙でも、気持ちを込めて歌っている人は本当に下手な人と言えるのか。

 

ここで歌について天下のウィキペディア様に聞いてみることにしました。

歌の概念(歌 - Wikipedia

「歌う」ことは、感情を表現とすることを最大の目的としており、その点で、事件や事象を聴く人にわかりやすく伝達することを目的とした「語る」こととは大きく異なる。そのことより、場合によってはもとの歌詞が判然としなくなる歌唱もある。これらとは別に、全く意味を持たない声を用いた歌唱も存在する。

 

"「歌う」ことは、感情を表現とすることを最大の目的としており"

って書いてあるじゃんか!!!!!!おい!!!!!!!

というわけで歌う際にはやっぱり表現力って大事だと思うんです。

9月30日にやってたテレ朝でのカラオケバトルだって表現力が点数にかなり加点されていました。

 だから多少下手でも感情込めて歌えば心に響くよ!

愛理も他のハロメンも感情込めた歌で全米を泣かすくらいに頑張ろうぜ!!!